来店不要のデメリット

最近、大手消費者金融で来店不要で申し込みできるという内容のコマーシャルを最近良く見かけます。少し前の消費者金融と言えば、自動契約機まで必要書類持って行き、そこで申し込みから審査結果待つことが基本でした。自動契約機まで行かなくて済むのなら、時間を有効活用することもできるので、かなり便利なサービスだと言えるでしょう。

 

申し込みに必要な書類

どこの消費者金融で申し込みをするときにも必要な身分証明証、これは必須になります。免許証や社会保険証などの顔写真付きの物が好ましいと思います。身分証明証として認められている物は、借り入れしたい消費者金融のホームページに記載されていると思いますので、確認してから申し込みをすることをオススメします。

 

来店不要キャッシングのデメリット

時間を有効活用できるなどのメリットはありますが、デメリットはどういった部分なのでしょうか。借り入れを希望する消費者金融によっては、会社に在籍確認を取らない場合もありますので、そういった場合には必要書類が多くなることもあります。社会保険や給料明細3ヶ月分、さらに収入証明証などが必要になることも。

 

事前に必要書類を確認しておかないと、申し込みを進めることができなくなりますので、しっかりと事前に準備をしておきましょう。自動契約機で申し込みをする時よりも、必要書類が多くなりがちなのが、来店不要のキャッシングのデメリットと言えるでしょう。

 

少額の5万円や10万円を借りる場合でも、やはり必要書類はよく確認すべきです。少額なら来店不要でも適当に借りられるだろうと考えるのは大きな間違いですので、必要な条件や借り入れ先は10万円借りるで見ておくようにして下さい。